RetailNext

Comprehensive In-Store Analytics

Resources

最先端の店舗分析ソリューション

Inputs and Outputs

店舗分析ソリューションとは、小売店舗に関わる多様で膨大なデータを収集し、様々なKPIで分析・視覚化することを目的とした、統合的なシステムを指しています。

RetailNext のテクノロジーが威力を発揮するステップ

収集

RetailNextプラットフォームは、店舗内外の店舗に関連する膨大な物理データおよびデジタルデータを統合します。リテールネクストが誇る同テクノロジーは、既存のインフラストラクチャ(大手メーカーの提供するアナログカメラや IP カメラ、 WLAN インターフェイス等)を利用し、インストールと有効化が迅速かつ容易に行えるプラグアンドプレイ型のプロセスを採用しています。RetailNext プラットフォームは簡単に利用開始でき、かつ高い費用対効果を実現します。

  • ビデオカメラフィード
  • POS (販売時点情報管理) システム
  • Wi-Fi および Bluetooth が有効化されているモバイルデバイス
  • ゲスト Wi-Fi に接続したデバイス
  • 人事管理システム
  • 勤怠・シフト管理システム
  • 販促用カレンダー
  • 気象データ
  • サードパーティーの API アプリケーション
  • その他多数…

分析

RetailNext の分析エンジンは、多様で膨大な店舗関連データを系統立てた上で分析・視覚化することを目的に設計されています。当ソフトウェアは、すべての店舗からの情報をクラウド上または店舗のオンプレミス上といった単一の場所に収集します。こうした技術により、系列店の全店舗や消費者全体像に関する情報が一括管理され、リアルタイムにアクセスすることが可能になるのです。

  • 世界中の各店舗から届くデータを一体化
  • あらゆる規模の企業のニーズに対応可能
  • 臨界帯域幅を維持
  • 店舗の分析結果をリアルタイムで提供
  • データ整合性実現のために、データソースをプロアクティブに監視
  • 高い安全性と可用性。共通基準を遵守
  • クラウド上またはオンプレミスでサービスを提供

視覚化

RetailNext は、収集した情報を様々なわかりやすい形式で提供しています。それにより、顧客エクスペリエンスや売上をアップするために必要な施策を発見し、実際の行動に移すことが可能になります。種類の豊富な分析ツールやレポート機能の組み合わせで、意味のあるデータを簡単に視覚化し、店舗に関する傾向を特定できます。さらに、そうしたデータを特定の期間に絞って表示・比較することもできます。また、直感的に操作できる様々なインターフェースにより、すべての必要な情報に簡単にアクセスすることができます。

  • Webダッシュボード
  • モバイルアプリケーション
  • 既定およびカスタマイズ定期レポート
  • 分析およびデータマイニングツール
  • リアルタイム通知
  • 未加工データのエクスポートと統合的な API

インサイト

膨大な量のデータを収集することにより、小売業者様は、店舗運営と消費者行動について、より鋭い洞察力を得ることができます。小売業者様には、消費者が店舗内をどのように行動しているかに関して、正確かつ事実に基づいたデータを理解することで、様々なベネフィットがあります。店舗レイアウトや内装、スタッフ配置、さらには商品についても、このようにした得られたインサイトに基づいて最適化することが可能です。CPG (一般消費財) メーカーのお客様は、パッケージング・マーチャンダイジング・マーケティングが消費者の購入プロセスに与える影響度を十分に理解するためにも、こうしたインサイトを活用できるのです。

リテールネクストの提供するテクノロジーにより、従来は得ることのできなかった以下のようなインサイトを活用して、ビジネスのさらなる進化を実現できます。

  • 店舗の顧客像
    • デモグラフィック情報 (性別や年齢など)
    • 新規顧客かどうか
    • リピーターの頻度
    • 顧客住所の地理的範囲
    • 顧客の関心
  • 来店者数
    • 店前通行量に対する入店率
    • ユニーク来店者数
    • 来店者数(合計)における、スタッフ一人当たりが対応する顧客の割合
    • 1日を通した来店者数と比較した上で、人員配属の人数は適していたか?
  • 店舗内での消費者の行動形態
    • 消費者の商品への関わり方
    • 店舗内の消費者の行き先 (移動先の部門、通路、展示セクションなど)
    • 上記エリアへの移動順
    • 実際に立ち止まって商品を見るのはどのような場所か
    • 消費者の関心を惹いている内容
    • 最終的に何を購入しているか
    • レイアウトや商品配置場所の変更が店舗の業績に与える影響
  • 従業員が店舗の業績に与える貢献度やその方法について
    • ニーズに対応するために、人員を適切に配置しているか
    • 従業員の生産性
    • 従業員はどこで時間を費やしているか
    • 従業員の接客方法について
    • 彼らの接客方法が、店舗の業績にどのように影響しているか
  • 主要業績評価指標 (KPI) に対する店舗のパフォーマンス
    • 既存店売上高、コンバージョン率、アベレージチケット値などはどうか
    • 人員配属や顧客基盤の構成内容が KPI にどのように影響しているか
    • 天候や、来店せずに通り過ぎる潜在的な顧客数など、他に懸案すべき外的要素はあるか
US